2006年04月23日

がんばれ!45度(笑)

女子大生でびゅーから、早2週間以上が過ぎた。
講義らしい講義が始まったのは先週からだから、まだまだこれからって感じ。
仕事との時間のやりくりは幸い、周囲の協力もあり何とかなりそう。
(普段はおっかない病棟師長さん達が「がんばってね。」などといってくれる)
が、が、次から次へと配られる文献に既に涙目。
しかもただ読むだけじゃダメなのね。
読み込むってやつが必要なのね(涙)。
よしっ、と蛍光ペンで線を引きながら読んだら、ページがまっききになる始末(号泣)。
結局何が大事なんだかわからない・・・・・・。

ある日の学校帰り。ぞろぞろと同級生たちと校舎の外へ。その時

ぐぃっ

誰?暗闇でジャケットの裾をひっぱったのは!?

振り返ると、斜め45度クンが立っていた。
「職場ってどこの住所なの?」

・・・・・・アナタニホンゴデキマスカ?

普通、何らかの声かけしないか?
名前覚えてないなら、「あの・・・」とかさ、行動で示すにしても肩たたいたりしないか?

「うぉ、びっくりした!」と静かな警告(笑)をしてみるが、ヤツにはそんなの通用せず。
要するに、私の職場とヤツの家が近いということを確認したかっただけだった。

さてさて、やってまいりました歓迎会。
2年生も1年生も全員集まることができなかったのでこじんまりとしていた。
ヤツよりも、2年生のおっちゃんが飲んだらくどくてくどくて、接近してきて、そっちに辟易(涙)。
2次会で同級生の女の子と話していたら、全く違う話題でどんどん割り込んでくる。
そのおっちゃんの向かいにた45度クンが。なにやらブツブツ言っている。
どうやらそのおっさんのことが大層苦手らしい。というか嫌いらしい。
ブツブツ言っている姿がもうおかしくて、おかしくて、
おっちゃんの口撃をかわしながら、女の子とヤツを観察(笑)。
いやぁ、楽しいよ。45度クン。
職場で自分の部下だったら、ぶっとばす!というか絶対採用しないキャラだけど、
同級生としては観察しがいがある(爆)。
講義の内容についてもなにやらご不満のことがあるようで、
あれはおかしいだの、違うだの言っていた。

「じゃあ、それ次の時にさ言ってみてよ。」
(当然からかっているわたくす)
「・・・言えないよ。」
(真面目に受け取ってちっちゃくなるヤツ)

からかわれていることに絶対気付いていない45度クン。
え?私悪人??
多分年が近いと、こっちもまっとうに反応して、ムカっとくるんだろうけど、
なんせこちとら無駄に年くってるんで、反抗している姿がかわいいとすら思ってしまう。
え?やっぱり悪人でせうか??

というかさ、なんか楽しみを見つけておかないとさ。
せっかくの2年間。大変なだけじゃもったいない。

ちなみに、同じく社会人で入った同業の先輩との掛け合いは、
2年生から「夫婦か!?」と言われた。
それは・・・ムッ(怒)。

まだまだちっちゃいわたくすでした。


posted by snowman at 20:35| ☀| Comment(10) | 女子大生の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

この日記、取り扱い注意

例年恒例の同業者がどっと集まる研修があった。
今年は道東のとある地域。
「来年はここにいないから」と言い放っていたAさんも当然一緒。

(study:前日記で数々の言動で私を悩ませていたヤツ。同業他社。数年にわたる片思いの後、突発的に告白。んが、バツイチ子持ち、道外が地元で帰りたいと思っているヤツには受け入れてもらえず。数ヵ月後またまた突発的に押し倒したが、そのアクシデントと私の気持ちの落ち着きにより、なんともいえない微妙な空気の関係。)

例年のごとく会議の運営もあり、Aさん含め数人と3日間ほぼ行動をともにした。
連日みんなで夜中まで飲んだくれ、くっだらない話題で大盛り上がりして楽しかったけど・・・・・・

Aさんへの感情は理性では自分って本当にバカだと思う。アホタレだと思う。
でもまだ感情では私の中で整理がつかずうずまいている。
ボトルの底に残ってなかなかでてこないシャンプーみたいに。
いっそ洗い流せばきれいに落ちるけど、
そうするともったいないからギリギリまで使えないかな〜なボトルを逆さまにして放置する。
出きったと思って中をみるとやっぱりちょっとだけ残っている。そんな感じ。
逆さにしても逆さにしても残っている。洗い流す一押しができない。

けどAさんとは他人とは違う特別な関係があることが分かった。
というか分かっていた。
ある日の会議の帰り、車の中で今までの2人が関わっていた会議のことを話していた。
なんだか静かに盛り上がって、結局私の家に車を止め1時間ぐらい話し込んだ。
メンバーの欠員や交代があったりする中で、業務内容が分かっているのは私とAさんだけという時もあった。
「本当に支えあわないとやってられない時があったよねー」とお互い振り返るぐらい。
そしてその中で生まれた二人の関係を確認した。

「絶対的な信頼関係」

お互い唯一無二な存在。
それが今でも揺らいでいない。
「今の俺があるのはsnowmanさんが俺を支えてくれていたからだよ。」と言ってくれた。
うん、分かっていたよ。
だって、私も同じだから。
だからお互い他の人とは違う位置でお互いを見ていたんだよね。
そこに恋愛感情を持ち込むという失敗を犯したのは私だけど、それを伝えても消えないかった根底にあるお互いへの信頼感。


多分その信頼感が下世話な周囲からみたら「こいつらできてる??」と思わせるんだろうなぁ。
明らかにお互いを必要としあっていたんだから、見ようによっては当たり前かもね。
今はAさんが果たしていた役割は他の人が十分に遂行できているし、
私の役割もAさんとやってきたそれとは違ってきている。
でも、やっぱり築いてきたものはなくならない。少なくともAさんがここにいるうちはね。
多分ヘンなところで律儀なヤツは、ここからいなくなったらここで築いた私も含め全ての関係を断ち切るだろう。
私もこの春からAさんという存在が全く介入することがないもう一つの世界を持つことになった。
断ち切られる前に断ち切ろうとあがいていたけど、信頼感で繋がっているものは切れないもんなぁ。
恋愛よりももっと切れないよ。なるようにしかならないか・・・(ため息)


これは全くの自己満足の日記。
自分の中にある感情と、いつかは消えてしまうであろうお互い言葉を尽くして確認した関係があったということを残しておきたくて書き綴ってしまった。
ははは、自己満足で自己陶酔だわ、こりゃ。
ここまで書いてどうにもこっぱずかしくなってきたけど、オチが思いつかん・・・

まだまだ修行が足らんなぁ・・・・・・・・・
posted by snowman at 23:28| ☁| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

女子大生でびゅー

ついに始まっちゃいましたよ〜。大学生活が。
まだオリエンテーションとかしかやっていないし、
講義は今週からなんだけどね。

いやはや、驚くことだらけだよ、既に。
まず入学式。
「大学院でも入学式あるんだー。」という
周囲の苦笑交じりの発言を背に参加。
要するに学部と一緒の入学式ってことだよ。
いやぁ、今の入学式って黒のスーツって決まりがあるんだね?
と思うぐらい学部生は99%黒のスーツ。
他の色のスーツをきたわたしゃ浮いたよ。
そりゃ、会場入り口に入った時に、父母と間違われて入学式次第を渡されるはずだよ(汗)。
けど、もっとビックリしたのは、最後の父母へ向けた学長の挨拶。
「父兄の皆さん(今時父兄??)、お子さんが悩んでいたら、悩みを聞いてください。」

はぁぁぁぁ???え???

学部生向けだろうから18〜19歳へ対して、だよね?
「大学にも相談窓口あるから・・・。」と続いていた。
ま、それは私の学部生時代からあったけどさ。
辞めるやつはいつの時代だっているし。
今大学ってそこまで世話をやかなきゃならないの?
だって高校を卒業した18歳だよ?
義務教育じゃないよね?
でもわざわざ親へ向けて言うってことは、子も子なら親も親ってこと?
これについて???なところを考え出すとそれだけで一つの日記になるので、
別の機会にしたいと思うけど、いきなりネタを拾ってしまった(苦笑)。

翌日のオリエンテーション。
同期は同じ研究科で自分をいれて7人。定員もこんなもんだからまぁ普通。
社会人が学びやすいように夜間に開講してるんだけど、
今年は学部から上がってきた人が多かった。
院生にはコピーカードが支給されたり、
修士論文を書く時はかかった費用が基準に応じて出たり、
書籍購入をしてもらえたり、(大学のものになるけど)
研究室がもらえたり・・・
「こんだけしてやるんだからちゃーんと論文かけよ!!」ということか。

終了後、院生2年生が飲み会を企画するということで日程の相談があった。
その時、学部あがりのおにーちゃんが、斜め45度上を見て
「今はわかりませんね。」と。

・・・・・・・・・ぷっ。

いやいやちみは何をそんなに斜に構えるの?結局その日でいいんでしょ?
肩の力抜こうよ、と肩をポンポンしたくなったよ。笑いこらえながらな。
その後同期で研究室を見に行こうという空気になり、斜め45度にーちゃんが私に言った。

「研究室見に行く?」

タメっすか?わたくしタメっすか?
おそらくちみとは10歳違うよ。

どう見てもわたくしそこにいる綺麗な学部上がりの女の子達とは違うよ。
仕事のあとで猛ダッシュで来たからヨレヨレだし・・・(涙)。
別に年上と敬えとはま〜〜ったく思わないけど、とりあえず初対面だし。
丁寧語使ったほうが間違いがないと思うよ(←単なるうるさいおばちゃん)。

自分が卒業した大学とはいえ、卒業から10年も経ってると、色々変わるもんだ。
「ほー」とか「へー」とかキャンパス案内をみて言いっぱなしのここ数日。


でも何より一番期待しているのは斜め45度にーちゃん。ちみだよ。
いやぁ、飲み会が楽しみ。ぷぷっ。
posted by snowman at 21:26| ☁| Comment(9) | 女子大生の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

誰のための仕事?

今日から新年度ですね。4月ですね。
なのに何故朝起きたら雪なのでしょう?
冬のコート、マフラー、ブーツで出勤した本日。

新入職員が山ほど(誇張)入って、
夏まで顔と名前を覚えるのを諦めた今日この頃。
タマオ(後輩)が異動になり、上司は外勤でずっぱりで、
1人電話番状態の今日この頃。
診療報酬改定や介護保険法改定といった制度に振り回され
先月から混乱状態の今日この頃。

そう、うちの職場は世間のこういったしがらみの中で仕事をしている。
やるべき業務の対価というのは診療報酬としてきっちり決められている。
だけど今は医療や福祉もサービス業。
入ってくる収入は決まっていても、
そこにどんな付加価値をつけるかで世間(利用者)の評価はかわってくる。
かといって何でも「患者様」とか言って、いいなりになるのとは違う。
(何で「様」なんだよ。言葉だけかえりゃいいってもんじゃないんだ)

利用者に対して制度上できる事はできる、できない事はできない。
それは当然。
ただ、できるかできないか分からないならきっちり確認する。
それが利用者に対する責任ってもんだい。

ということで久々にあったまきたぞ!お役所よ!!

S:(簡単に)これこれこういう理由で○○の申請をしたいのですが、どうなんでしょうか?
役:それは、△△と●●の理由しか原則認められません。それ以外決定した前例はありません。
S:では、このような場合利用者さんは、認められないということなら家でふじ…
役:ですから、△△や●●といった理由だけです。それを通したら自分も自分もとなるじゃないですか。そういうことではきりがないんですよ。
S:いえ、今私はこの利用者さんについてどうすればいいか、という相談をしてるんです。その理由は文書で出ているものなんですか?
役:いいえ、慣例です。
S:では、本庁(親玉)に確認させていただいてもよろしいでしょうか?
役:どうぞ。
(すっごい冷たい言い方)
ガチャ

かっち―――んっ!!
てんめぇ、何様のつもりだっ!!
誰の税金で食ってると思ってるんだよ!
私の税金だよ、私の!?(更に何様?)
先週末前の担当者に相談した時、「
来週なら担当がかわって・・・」と言いよどんだ理由がわかったぜぃ(汗)。
かなりまとめて書いたけど、本当はもっともっとねばっていたわたくす。
速攻上司へ「はらたつ〜!!」と訴える。

頭を冷やしてから午後親玉へ電話をかけたら、
担当者はずーっと会議で夕方まで不在と。
さすが、年度始め。(苦笑)

専門職としてこっちだって、「だめかもなぁ」と思ってる。
適応できないことをごり押ししてやろうとも思ってないよ。
でもさ、ちょっとは話を聞く姿勢、
いやふりでもいいからして欲しいもんだ。
同じダメと言われても、考えてもらったというだけで、
救われるし、次に繋がるだけどなぁ。
特に電話だけだと相手の表情が見えない分、
言葉や声のトーンだけで相手を判断するしかない。
こっちは文句の一つも言われるのも仕事のうちと思って
電話をしているけど、一般市民に対しても同じ態度とってるとしたら・・・
まして、医療や福祉の制度を利用しようとする人達は、
必要に迫られて相談している。
つまり今大変な状況に置かれている人達。困っていたり、混乱していたり、落胆していたり。
仕事で電話している私たちと違って、
もっと混乱した物言いになっている。
こうして一方的に話して、「説明してやった。」
みたいになってるんだろうなぁ・・・

ふふふ、でも君は間違いを犯したね。
文書がないんだね?慣例なんだね?前例がないんだね?
慣例はひっくり返すため、前例は作るためにあるんだよ。
いやなら、文書で通達してね(はぁと)。

逆に、しがらみがある中でも利用者のことを考えてくれてるんだなと
感じとれる人は、一緒に仕事をしていて楽しくなる。
どうせ仕事をするなら嫌な思いで仕事したくないよね。
例え前例でも、慣例でもさ。(笑)
posted by snowman at 21:42| 🌁| Comment(7) | お仕事の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。